胃薬を飲むときの注意点

胃薬を飲むときの注意点

胃薬を飲むときには、いくつか注意したい点があります。

 

★胃薬は水で飲みましょう!
胃薬は水で飲むのが鉄則です。牛乳や炭酸飲料水で飲まないようにしましょう。牛乳で飲むと、頭痛や吐き気の症状が起きると言われています。
炭酸飲料水は、胃酸を中和するというはたらきを弱めてしまいますので胃薬を飲むときに使ってはいけません。
できれば、炭酸飲料水を飲む2時間前と2時間後に胃薬を飲まないようにしましょう。

 

 

 

★妊婦さんは胃薬もダメ?
妊婦さんは、お腹が大きくなって胃の不快感がおきたり、つわりがあったりと胃の調子が悪くなることがよくあります。しかし、安易に胃薬に手を出すことはお勧めできません。
かかりつけの医師に相談してからの服用が原則となります。妊婦健診のときに処方してもらうのもいいですし、緊急に胃が悪いという場合は市販の薬でも対応可能なものを紹介してくれるでしょう。
市販されている胃薬で妊婦さんでも飲めるというものはいくつかあります、太田胃酸やザ・ガードコーワ整腸錠です。
また、第1類医薬品に指定されているものは、成分の強いものを使っている薬なので、この指定のある胃薬は飲むことはできません。
お薬の中で一番身体への影響が少ないと言われているのが、医薬部外品と言われるものです。