胃を守るにはどうしたらいい?

胃を守るにはどうしたらいい?

胃の不調に胃薬が効くということは誰しも知っていることですが、胃の不調にならないために胃を守るのにどうしたらいいのか?ということが気になります。

 

 

★空腹の時間を長く作らない
空腹の時間が長くなってしまうと、どうしても食べる量が増えて、胃に負担を掛けてしまいます。または、お腹が空いたということでガッツリとしたものをいきなり食べてしまうということも。
空腹の時間が長くなってしまった後の食事は、消化の良い胃に優しいものから食べるということが大切です。胃に負担にならないように、断食を行ったときにも消化の良いものから食べるということが一般的ですが、同じことが言えるのです。

 

 

★良く噛む、食べすぎない
時間制限のあるバイキングなどでは、慌ててしまってゆっくり噛むこともせずに食べすぎてしまうということがありますが、このような傾向がある人は胃を悪くしてしまいます。
食べ物をよく噛むことで、胃への負担を軽減することができますし、食べすぎずに腹八分目を心がけることで肥満の防止にもなります。年齢を重ねると、若いときとは同じ量を食べることはできませんし、仮に食べていたとしたら確実に肥満へまっしぐらですから、胃だけでなく肥満防止のためにも食べすぎないということが必要です。